あなたは「自信」がありますか?

と聞かれてどう答えますか?

 

 

「はい!自信満々です!」とか…

「まあまあイケてるかなぁ」とか…

「いやいや、私なんて!」とか…

「自信なんて全くありませんよー」とか…

 

どうですか?

 

 

昨日、メールのやり取りの中で

「自信がない」って言葉が出てね、

以前の私が思ってた「自信」と

同じように捉えてる方、

いっぱいいらっしゃるかもしれないなぁ~

と思っての今日のブログです( ̄▽ ̄)v

以前、私は「自信」って言葉に

色眼鏡をつけてた時期があって

その頃は、

「自分に自信なんてないですぅ」

「自信なんてあるわけないじゃないですか~」

みたいに答えてました。

 

 

だってね、当時は

「自信」があるって感じの人に対して

謙虚さに欠けてるんじゃね?とか

自己満なんじゃね?とか思っちゃってて

なんか鼻につく感じがして嫌だったの。

んで、「自信」って言葉自体にも嫌なイメージがあったんだなぁ。

 

 

 

まぁ、

日本は謙虚さを美徳とするお国柄なので

そんな風に捉えてしまうのも

無理はないよなぁ…と

我が事ながら思います(笑)

 

 

で、

本当の意味での

「自信」が

あ~そういう事か…

なるほどなるほど…

はいはいはいはい…

と合点がいったのが

「自信ってね、自己信頼の略なんだよ」

と教えて頂いた時。

 

「自信」=「自己信頼」なんです!

 

 

このことが分かって初めて、

とっても素敵な自信満々の方と

なんか嫌~な感じの自信満々の方が

いらっしゃることが腑に落ちました。

 

 

私が自己信頼が低く、

まだまだ本当の「自信」を理解していなかった時、

謙虚の意味を間違って捉えていたように思います。

 

それに気づいたのが

「迎合しないで」と指摘された時でした。

※ 謙虚:自分を偉いものと思わず、素直に他に学ぶ気持ちがあること。

※ 迎合:自分の考えをまげても、他人の意に従って気に入られること。

 

 

無意識で迎合していたことに

気づいて唖然としたなぁ…。

 

 

私は、有り難いことに

知らず知らずのうちに

迎合していた方から直接

「迎合しないで!」

と指摘して頂いたので

立ち止まって自分で考える時間が持てた。

 

 

そして、

自分が何をしたいのか…

自分が何処にいたいのか…

自分が誰と過ごしたいのか…

自分がどんな感覚でいたいのか…を

自分の軸で

自分の心に

自分の頭に

聞いて聞いて聞きまくった時間が

本当の「自己信頼」に

繋がる貴重な時間になったんだ。

 

その時は怖かったけどね…(笑)

 

 

だから、

今は「自信」ありますか?

と聞かれたら、

「はーい!ありますよー!

自分の言うことは、全部聞くことにしてますんでっ!」

と答えます(笑)

 

 

「自信」ってとっても素敵な言葉だった(´艸`*)

自分を信頼してあげるって

自分LOVE(。・ω・。)ノ♡って感じだもんね♪

 

 

今日もゆる~く楽にいきましょー♪