今朝、看板に書いた今日のひとこと

を書きながら思い出した2年前のアメブロ記事。

(加筆修正してみました)

 

 

「ありがとう」って

本当にとってもいい言葉。

言霊もいいし、

言葉にすると気持ちいいし、

伝えた方も伝えられた方も幸せな感じになる。

 

 

あなたは「ありがとう」って

どんな時に言いますか?

 

何かを頂いた時?

美味しい食事を提供してもらった時?

席を譲ってもらった時?

優しい言葉をかけてもらった時?

 

そんな時は

「ありがとう」って言いますよね。

もちろん素敵なことだし、気持ちもいい。

 

けれど、その陰に隠れている思いがあります。

この陰に隠れている思いがある

その思いは・・・

自分の期待通りだった…って思い。

 

 

これが期待通りじゃなかったとしたら…。

どうでしょう?

 

これ、いらなかったんだけどな~

期待したのに美味しくなかった~

あの席の荷物どければいいのに~

何で何も言ってくれないの~

みたいにピラッと気持ちが逆転しませんか?

 

私の期待に応えてくれて…

私の思い通りにしてくれて…

私の嬉しいに答えてくれて…

だから「ありがとう」と言います!

って思いが隠れていたりしますよね。

㊟そのありがとうが悪いって事じゃないですよ!

 

 

今朝の看板のひとことの

「がっかり」は、

この「ありがとう」の裏返しなんですね…(;´∀`)

 

 

で、常に心掛けたい!と思っているけれど

ついつい忘れてしまいがちな

もう一つの「ありがとう」はというと、

 

何の期待も思いもない

存在自体への「ありがとう」

 

花がきれいに咲いているのを見て

「あ~素敵!綺麗!ありがとう!」みたいな…(笑)

 

子どもさんがいらっしゃる方なら、

出産のとき、産まれてきてくれただけで

「ありがとう」だったんじゃないかなぁ…と思います。

ただただ、その存在に「ありがとう」

何もいらない、ただの「ありがとう」

 

私もあなたも、みんなみんな

産まれた時は本当に

ただ産まれてくれて

「ありがとう」だったと思う。

 

生きる過程で

いらんもの身にまとってしまうけどね…(; ̄ェ ̄)

 

 

今日は、目の前の大切な人に

ただ「ありがとう」と伝えてみてはどうですか?

そして、あなたの存在自体にも「ありがとう」とお伝えくださいませ(*´艸`*)

 

 

今日もゆる~く楽にいきましょー♪