「何言ってんだ!この人?」

あなたもそう思ったんじゃないですか?

ですよね~

嘘つきになっていいなんて!!

一般常識から言ったら

悪い人、酷い人だもんね。

極悪非道…まではいかないけど…(笑)

 

 

「嘘をついてはいけません!」と

誰しも幼い頃から

言われ続けて、きちんと守り

育ってきたと思います。

 

 

私も、もちろんその一人。

 

 

でもね、

よ~くよ~く考えてみて。

 

 

「嘘をついてはいけません!」って

「誰に?」って話。

 

 

お母さんに…?

お父さんに…?

お友だちに…?

先生に…?

大人に…?

え!ってことは誰にでも?

 

 

もちろん、これも正解。

誰にでも、嘘をつかないで生きた方がいいよね。

 

 

大人は、平気で

子どもに嘘をついてはいけません!

って言うでしょ。

 

 

ま、私たちも子どもの頃、

そういわれ続けて信じて

生きてきたから

当たり前…と思っているかもしれない。

 

 

けどね、ここが問題の始まり。

 

 

本当の本当は

「自分」に嘘をついてはいけません!

なんだな~

 

 

これ、出来ないのよ。なかなか…(苦笑)

幼い頃から言われ続けた呪縛があるから。

 

 

自分を抑えてでも

「嘘をついてはいけません!」

ってなっちゃてるからね。

(自分に嘘をついちゃう理由はあるんだけど、それはまた今度~)

 

 

だから、

「自分」に嘘をつかない!を実践すると

まず、嘘つきになっちゃったりするのよ~(;´∀`)ハハハ

 

 

嘘つきになりたくないなら、

嫌なことは嫌と伝える勇気を持つことね。

 

 

自分に嘘つくくらいなら

人に嘘ついちゃっていいよ~って言うのは、

それが自分を好きになる第一歩だから♡

 

 

今日もゆる~く楽にいきましょー♪